永遠の青春

永遠の若さ


若いまま長く生きる・・・喜びのために


2014年、西欧諸国の平均寿命はおよそ85歳です。近年の調査によると、近いうちに、これは120歳から200歳まで伸びると言われています。しかし、それだけではありません!さらに研究が進めば、もうじき人間の寿命は200歳になるだけでなく、最終的に約900歳まで生きられるようになります。

 若年期に受けた外科手術のおかげで、老化のスピートを遅らせ、私たちは常に機敏で若いままで死ぬまで一生を送れるようになります。

 同時に、電子工学上とロボット工学上の進歩は、最終的に人間を労働の義務から解放してくれます。繰り返しの作業ができるロボットや生活に必要なものすべてを生産してくれる特殊ロボットも、最新技術によって作られます。

すべての人間は生まれた時点から、仕事をせずに自由に生活に必要なものすべてを手に入れる権利があります。仕事はしたい人だけがやればいいのです。例えば、芸術家やスポーツ選手、研究者など、仕事から達成感や喜びを感じる人たちです。これが楽園主義です。



性的生物ロボット


ロボット工学の発展と生物学との融合のおかげで、とても心地の良い人間の外見をした生物ロボットを作ることができます。家事をこなすために作られるロボットもいるでしょうし、持ち主の喜びのために特別に作られるロボットもいるでしょう。
これらのロボットはに生殖機能がありません。それに一切の感覚を持たないので、精神的な痛みも感じられません。主人の性愛的ファンタジーに合わせたプログラムもできるのです。