生殖補助医療

同性愛カップル


同性愛カップルのための生殖医療技術


人間は誰でも自分が選んだ人と暮らす権利があります。もし同性愛カップルが子供がほしいと思えば、子供を持つ権利が十分にあります。子育てに重要なのは、子供が愛される環境で育てられるかどうかだけです。そしてこの愛に満ちた子育てという行為は、同性愛カップルの家庭でよく見られます。なぜなら、同性愛カップルは社会的、法律的、そして健康的な難関をいくつか克服して、やっと子供を妊娠したり、養子を受け入れたりすることができるからです。言うなれば子供を心から欲しがらなければ、この一連の障壁を取り除くことはできないのです。

 いくつかの国での研究調査によると、LGBT家庭で育った子供は異性愛家庭で育った子供と同じく幸せであり、あるいは異性愛家庭の子供より幸せな場合もあります。それはLGBT家庭で育った子供は両親から平均以上の愛と関心と支持を受けているからのようです。

 すでに多くの同性愛カップルは(体外・管内の)生殖医療や代理母を使っています。そして近いうちに、もし希望すれば赤ちゃんの性別まで選べるようになり、さらに着床前遺伝子診断のもと、遺伝的欠損を持たない健康な胚のみ移植されることもできるでしょう。

再生クローニング技術のおかげで、同性愛カップルは自分と同じ遺伝子構造を持つ子供を妊娠できるようになります。そして生まれた子はこのような特別な生みの親の一卵性双生児になるでしょう。もちろん両親との身体的な類似も大事ですが、この子は全く違う状況で育つため、ほかの一卵性双生児と同じく、自分の独自性を持ちながら生きていきます。

より詳しくは下記の本をご参照ください。自由にダウンロードできます。