ラエリアンの精神

ラエリアンの精神性


エロヒムは高い精神性を持ち、完全な唯物主義であります。なぜなら、もし存在していないものに依存すると、(例えば神様など)人間の考え方は不合理な方向へ発展してしまい、そして大半の脳がその不合理な考えのために使われ、その結果恐怖や罪悪感が生み出されるからです。

ラエリアンの精神性は100%科学に基づいています。呼吸を例にすると、これが超自然なことではなく、単なる物理的なことです。神様のためではなく、体内と脳内の酸素のために、調和のために、幸せのために私たちが呼吸しているのです。それはすべて科学で検証されています。

エロヒムが教えた数々の瞑想も科学的な根拠に基づいています。科学研究が進めば進むほど、色んな事象の真実性が解明されていくでしょう。

精神性を持つことは、私たち自身との繋がりを感じることだけでなく、ラエリアンでない人、さらにラエリアンを嫌悪する人との繋がりも含みます。そして、エロヒム(我々の創造者)との繋がり、無限との繋がりを感じることでもあります。このすべては神様とは関係ありません。

エロヒム: 聖書で単数形でゴッド(神)と誤訳されていたが、本来の意味は«天空から飛来した人々»で、れっきとした複数形です。