センシャル メディテーション

官能瞑想


人間と無限との間では受容器官でつながっています。つまり五感です。そのため、官能性を磨けば、無限との繋がり、そして自分の中の無限を感じる能力が向上します。

官能瞑想は、人間をデザインした異星人の科学者が開発したもでの、脳内の調和をうまくマスターする方法を教える" 取扱説明書"のようなものです。

官能瞑想はユダヤ・キリスト教に植え付けられた罪悪感から解き放させ、同時に、東洋の教えの中の神秘主義に陥らないように感覚を研ぎ澄まさせてくれます。官能瞑想を通して人間は、自分の体を探求でき、音・色・匂い・味・触覚をより楽しめます。特に五感を使って感じた性的行為は、宇宙的オーガズムを体験できるでしょう。我々がその構成要素である宇宙との繋がりを感じることで、人間の精神は啓発されていくのです。

官能瞑想とは瞑想すること。自然にその効果が体の中に植えつけられるまで、毎日瞑想の練習が必要です。官能瞑想は感じる練習です。その練習を通して、私たちが無限小の物質で構成され、無限大を感じることができる感覚器官であることを知るでしょう。

ただし、解放された性、そして調和がなければこの境地には到達できません。官能瞑想はそれゆえ精神を覚醒させるための感覚を呼び起こします。この事実は今までの知識を覆し、我々は官能瞑想を通して研ぎ澄まされた感覚がもたらした喜びを、よりいっそう堪能できるようになります。