未来の宗教

未来の宗教


未来の宗教には神様は存在しません。私たちは無限小との繋がりを感じ、無限大との繋がりを感じ、無限の時間を感じる永遠の一部分であることを、未来の宗教が示してくれるでしょう。

エロヒムの宗教は科学です。そして私たち人類に彼らの2万5千年も進んだ科学をプレゼントしようとしていますが、エロヒムの科学は高度すぎて今の私たちにはまだ理解できないでしょう。

ただし、瞑想をして無限との繋がりができれば、精神的にはエロヒムと同じレベルになりえます。無限とは1つなのです。原始人類であれ、高度な科学技術を持つエロハであれ、無限と調和できた時点で我々は1つであり同じ精神状態になります。私たちは全体と繋がっており、全体を感じる一環なのです。

これこそ宗教の本当の姿です。religion(宗教)の語源はラテン語のreligereであり、繋がりを意味しています。

そのため、宗教的になることはいわば無限を感じることです。無限小に始まり無限大へと続きます。私たちの身体を構成する小さな細胞から、地球上のすべての生物(植物や動物)と人間、さらに宇宙を構成するすべての生命体と星、銀河系、そしてこの銀河系で構築された巨大な生命体など、存在していたものとこれから誕生するもの、すべてのものを感じ取ってください。私たちは繋がっています。

文明が進めば進むほど、このような物質的な思考が必要です。これが神や迷信まみれの原始的な信仰ではなく、精神と物質の調和を意識させてくれる思考です。

「精神と物質はひとつである」と『チベット死者の書』に書かれた通り、幸福や充実感は、物質的もののみ、例えば贅沢品や所有物に由来するのではありませんし、不死=幸せという保証もありません。不幸のまま、孤独のまま永遠に生きることは世にも辛いことになるでしょう。

科学のおかげで永遠の生命を手に入れることに感謝し楽しめるのは、精神と物質の調和を意識できた時からです。これこそ将来の宗教の根本です。
私たちはまだ始まったばかりですが、この理念を理解して、原始的な信仰を捨てた私たちの活動に参加する仲間をお待ちしております。